横浜・藤沢・戸塚からもアクセス便利な整骨院 横浜市 鎌倉市 茅ヶ崎市 藤沢市 湘南台 交通事故治療 むちうち治療 自賠責保険   
サイト・タイトル

〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台2-16-1 ☎0466-44-1517
相鉄線・小田急線・市営地下鉄線
湘南台駅 西口
D階段 徒歩2分
駐車場2台分あり
 
 予約優先制










手の痛み・痺れ 






 手根管症候群
 原因  症状
手根管とは手首に存在するトンネル状の管のことです。この管を手根骨や靭帯、屈筋腱、正中神経が通っています。手先を多く使う作業や育児中のお母さん、甲状腺機能低下症の合併症などで手根管内の圧が高まり、神経を圧迫することから、別名"正中神経麻痺"ともよばれています。  手根管内圧が高くなると、正中神経が圧迫されて小指以外の4本の指が痺れてくるのが特徴的です。進行すると母指球(親指のつけ根)が委縮してきます。自身でもできるかんたんな検査は両手の甲を胸の前で押し付けあうように1分くらい保ってみて(ファーレンテスト)指先に痺れが出てくるようなら、この病気を疑います。
 当院での施術例
レーザー治療 はり治療 ハイボルテージ





 三角繊維軟骨複合体(TFCC)損傷
 原因  症状
TFCCは手首の小指側に当たったる4つの靭帯と三角繊維軟骨で構成されていますが、手をついての転倒やオーバーユースによりこの部位に疼痛が出るものを"TFCC"といいます。足の土踏まずに位置する舟状骨の内側にあるレントゲンでは軟骨や靭帯は写し出せないため、正確な診断はMRI検査が必要となります。 手首の小指側への疼痛や圧痛、ドアノブを回す運動痛などが主な症状となります。自身でできる簡単な検査は、手首を小指側に曲げた状態で、もう一方の手でさらに強く曲げることで痛みが増幅すればこの疾患が疑われます。重症例ではギプス固定や手術を要することもある病気です。
 当院での施術例
微弱電流治療器 はり治療 ハイボルテージ





狭窄性腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病)
 原因  症状
ドゥ・ケルバン病とはあまり耳にすることは多くないと思いますが臨床ではとても多い症例です。手首の親指側にある短母指伸筋腱(親指を伸ばす働き)と長母指外転筋腱(親指を広げる働き)を包む管(腱鞘)が炎症を起こす腱鞘炎の事です。損傷の原因は手首を使う頻度が高い仕事の方と、子供の抱っこをよくするお母さんにみられます。 手首の親指側に物をもつ動作や、瓶のふたを回す動作で強い痛みを感じます。炎症期には患部に熱感や赤みがみられることもあります。自身でできる簡単な検査は、親指を他の4本の指で握りこんだ状態で、小指側に折り曲げた際に、手首の親指側に強い痛みが出るようならこの病気を疑います。(フィンケルスタインテスト)
 当院での施術例
微弱電流治療器 はり治療 ハイボルテージ







  スマートフォン版へ