本文へスキップ




痛みを排する術がここにはあります!



 肘の痛み肘痛


  
 野球肘・テニス肘
 
原因                     
痛みが発生する場所は、肘の内側・外側・後方のケースがあります。
【野球肘内側型】
投球時に肘の内側へは引っ張られる力が加わります。上腕骨内側上顆炎という症状で、手の平を外に向ける回外させる動きの負荷によって起こります。内側型は最も発生頻度が多く、投球数を減らすことにより、改善していく場合が多いです。
【テニス肘内側型】
フォアハンド・テニス肘ともよばれ、ボールがラケットに当たった瞬間、肘に大きな負担がかかります。はじめは手首を少し伸ばした状態でラケットを握っているのですが、ボールが当たる瞬間には手首を伸ばす筋と曲げる筋を同時に強く収縮させて、ボールの衝撃を受けとめようとするからです。
【野球肘外側型】
投球時に肘の内側へは引っ張られる力が加わりますが、外側には前腕骨と上腕骨が衝突する力が加わります。肘に捻りを加える変化球を多投することで起こりやすく、発生頻度はすくないものの、発症すると重症化する恐れがあります。
【テニス肘外側型】
手の平を内に向ける回内動作の負荷によって起こります。バックハンド・テニス肘ともよばれ、手や指を伸ばす筋がこの部分にくっついているために、この筋の使いすぎで痛みが出ると考えられています。

【野球肘後方型】
後方型は肘が最大に伸びた際に上腕骨と尺骨の肘頭部が衝突することにより起こります。オーバースローのフォロースルー期で多くみられ、テニスやバレーボールのサーブ動作でも発症します。。
 症状
【野球肘内側型】
初めは投球時のみに痛みを訴えますが、次第に外反時の痛みや肘内側への圧痛、腫脹などがみられます。
【テニス肘内側型】
フォアハンドでの痛みはもちろんのこと、雑巾を絞る動作やペットボトルの蓋を開ける動作、また手のひらを上にして重いものを持ち上げようとすると肘内側に痛みを生じます。
【野球肘外側型】
外側部の痛みは注意が必要ですが、症状が進行して上腕骨小頭部分の軟骨がかけて、骨片が関節内にはまってしまうと、肘がロックされ動かせなくなることがあります。このような状態になると骨片を取り除く手術が必要になります。
【テニス肘外側型】
上腕骨外側上顆炎が正式名称で手首を動かしたり、こぶしを強く握る動作、また手の甲を上にして重いものを持ち上げようとすると肘外側に痛みを生じます。初期段階では安静にしていて、アイシングやテニスエルボーサポーターなどで症状が軽減することもありますが、ステロイド注射や手術が必要な場合もあります。
【野球肘後方型】
小中学生の肘後方への痛みは上腕三頭筋のけん引力による骨端線離開、高校生以降になると肘頭疲労骨折や、変形性肘関節症なども引き起こすことがあります。
肘の痛みの治療中は、なるべく肘を使いすぎないことと、炎症をひかせるアイシングが不可欠ですが、治療後はボールの投げ方や、ラケットを振るフォームをあらためて見直してあげることが大切です。
 当院での治療
 
 レーザー治療  微弱電流  ハイボルテージ
 
  肘部管(ちゅうぶかん)症候群
 
 原因
肘部管症候群は遅発性の尺骨神経麻痺とも呼ばれていて、尺骨神経が圧迫されることにより起こる病気です。尺骨神経は指を曲げたり伸ばしたりすることを支配していて、肘の関節内の肘部管という管の中を通っています。この肘部管が上記記載の原因によって圧迫を受けることにより、その内部にある起こる尺骨神経も圧迫を受けて、神経麻痺を起こすのが肘部管症候群です。肘部管外傷がもとでの肘の変形や、変形性関節症、ガングリオンや脂肪腫などによる腫瘍、骨が尖って痛みを発生する骨棘など様々な原因があります
 症状
手指を伸ばす、開く、閉じるなどの筋肉を支配する尺骨神経が、肘内側にある肘部管といったトンネルで圧迫力やけん引力が加わり、小指と薬指の痛みやしびれやなどの神経症状を起こすことが特徴です。
症状が進行していくと、次第に手指の筋肉がやせ細ってしまい、握力の低下を引き起こします。また小指と薬指がまっすぐに伸ばすことができない鷲手変形がみられることもあります。このような症状が出た際には病院の受診が必要となります。
好発年齢は30歳以降の男性となります。
 レーザー治療  はり治療  ハイボルテージ
 
 肘内症
 
原因  
2〜4歳頃の子供に多い病気で手や前腕を強く引っ張ったり捻ったりすると発生することがほとんどですが、手をついての転倒や窮屈な体勢で寝ている際の寝返りなどでも起こります。
この時期の橈骨は肘にある輪状靭帯よりも細いために肘が抜けた状態になってしまいます。親御さんは、肘より上の上腕部を引くように気を付けてください。
  
症状  
言葉がうまく話せない子供が肘内障を引き起こすため、親御さんが異変に気づいてあげないといけません。
見た目は肘に発赤や腫脹はみられませんが、突然の痛みから泣き出し腕は下がってダランとなったままになり、肘を曲げたり手を動かすことが出来ない状態になります。
肘内症の整復は時間を要しませんので、至急の来院をお願いいたします。
当院での治療  
 低周波電流  微弱電流  筋膜リリース 
  

 当院が選ばれる5つの理由

アクセス便利な整骨院!

湘南台駅から徒歩2分、駐車場も2台分のみですが確保しております。(満車の際には、恐れいりますが近隣のコインパーキングを自己負担でご利用して下さい)
20年の臨床経験と画像検査を導入!

整形外科や整骨院で1万人以上の症例に携わってきた経験を生かして、痛みの原因となる‘根治療法’をおこなっております。‘Bodyscanner’を導入し、診療の組み立てに役立てております。
女性スタッフ常駐で院内清潔!

患者様に心地よく診療を受けていただくために、常に女性スタッフが在籍しており、院内清掃を徹底しております。待合室、診療室のいたる所に手指の消毒剤を設置し、衛生面に気を付けております。
交通事故治療に特化した整骨院!

病院に通院しても変化がない方は、整骨院でのリハビリも併用してください。当院がお世話になっている保険会社は20社以上、交通事故の症例数に限っては、他院平均の約3倍となっております。
予約優先性でお待たせ時間なし!

皆様の貴重な時間を無駄にしないため、御予約の患者様を優先的にご案内いたしております。当院では、一日の来院患者数を限定することにより、最良の施術を提供いたしております。



 P・C サイト

お問い合わせ

※メールでのご予約、キャンセルは承っておりません
ので、お電話または来院時にお願いいたします。



 診療時間

日・祝
09:00〜13:00
15:00〜19:30

【平日】  
 9:00〜13:00  15:00〜19:30 
時間外の最終受付は19:50までとなります。 
 
【水曜・土曜】  
 9:00〜13:00  
※第3水曜は特別診療のみとなります。 
 
【休診】
 水曜午後・土曜午後・日祝日 

 窓口料金


 保 険 診 療  (急性で原因がはっきりしている痛み)
◆初診料・再診料 
  ¥1000 
◆一般診療 
 低周波治療 
1割  ¥ 120 〜 ¥ 490 
2割  ¥ 240 〜 ¥ 610 
3割  ¥ 370 〜 ¥ 740 
◆局所診療 
 微弱電流治療 
1割  ¥ 620 〜 ¥ 990 
2割  ¥ 740 〜 ¥ 1110 
3割  ¥ 870 〜 ¥ 1240 
 レーザー鍼治療 
1割  ¥ 1120 〜 ¥ 1490 
2割  ¥ 1240 〜 ¥ 1610 
3割  ¥ 1370 〜 ¥ 1740 
※学生証提示の方は学割適用あり 
 
 自 由 診 療  (慢性的、原因がはっきりしない痛み) 
◆初診料・再診料 
  ¥1500 
◆一般診療 
 低周波治療 
  ¥1500 
◆局所診療 
 微弱電流治療 
  ¥2000 
 レーザー鍼治療 
  ¥2500 
※学生証提示の方は学割適用あり 
◆筋膜リリース診療 
  ¥400 
◆高周波診療(ハイボルテージ) 
  ¥400 
◆FMT腰痛診療(プロテック) 
1回  ¥850 
4回券  ¥3000 
◆頭痛・肩こり診療(軽度)
1回  ¥1900 
◆頭痛・肩こり診療(中度)
1回  ¥2400 
◆頭痛・肩こり診療(重度)
1回  ¥2900 
◆骨盤矯正診療
1回  ¥4000 
一部保険(急性の痛みを伴う3割負担例)  
1回  ¥3200 
◆全身診療 (鍼・電子温灸・微弱電流)
1回  ¥4300 
◆特別診療 (トータルボディーケア)
1回  ¥7500 

以下の方は整(接)骨院で保険が適用されません

  • ・ 同じ症状を他院でも健康保険を使用して電気治療や
      牽引治療、温熱治療等のリハビリを受けている場合
  • ・ 肩こりや筋肉疲労など痛みを伴なわないもの
  • ・ 慢性的な痛みや、原因のはっきりしない痛み
  • ・ 労災保険が適用になる仕事中や通勤途中でのけが




〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台2-16-1

 湘南藤沢整骨院



copyright©2019 湘南藤沢整骨院 all rights reserved.