横浜・藤沢からもアクセス便利な整骨院 横浜市 鎌倉市 茅ヶ崎市 藤沢市 湘南台 交通事故治療 むちうち治療 自賠責保険  
サイト・タイトル
〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台2-16-1 ☎0466-44-1517
相鉄線・小田急線・市営地下鉄線 湘南台駅 西口徒歩2分 

交通事故


交通事故治療なら当院におまかせ! 症例数は圧倒的多さの整骨院です!

むちうち損傷は通常のケガと違い、予期していない状態での“捻挫”が大半を占めますが、骨に異常がなくても靱帯・筋肉の損傷に対するリハビリは、非常にきめ細やかで、且つ高度な技術を要します。
当院では、初診の施術前に画像検査(BODYSCANNER)により炎症の有無を確認することをお薦めします。炎症期であればアイシング治療やレーザー治療などから始めてまいります。次の段階で筋・関節のアプローチへと進みますが、鍼治療や手技治療は、施術者の経験・熟練度により、効果に大きな差がでます。交通事故後の後遺障害を残さないためにも、確かな施術を受けていただきたく思います。

交通事故に遭ってこんな悩みはありませんか?
   

事故に遭って痛いけど、どこを受診していいのかわからない…
整骨院にかかりたいけど窓口での負担金はいくらかかるだろう
病院にかかっているけど、シップと薬しかもらえない
整形外科と併用して整骨院でリハビリを受けたいんだけど

相手方の保険会社さんとのやりとりがわからない…

自賠責保険適用で窓口負担は¥0です!

交通事故の治療で来院される前に必ず、相手方の保険会社に当院に通院する旨をお伝えしてください。担当者の方からこちらに連絡をいただいた時点で自賠責保険を使って施術を受けることができます。
直接来院された際には、患者様には実費で窓口料金を立て替えていただき、保険会社と連絡がとれ次第返金となります。


病院、整形外科と同様に慰謝料は支払われます!

交通事故によってケガを負った際には、財産的な損害だけではなく、精神的な苦痛を受けたことによる慰謝料も支払われます。入通院の日数や後遺障害が残るか否かで」金額は変わってきますが、整骨院で通院した際にも、病院や整形外科と同様に支払われます。
詳しい金額はこのページ内に記載しておりますので、ご参考にしてください。


転院や病院との併用治療も受け入れております!

遠方のため通院が大変、仕事が終わってからだと診療時間に間に合わない、治療効果があまりあがらない、などの理由で他の整形外科や整骨院から転院する患者様も当院には大勢いらっしゃいます。また、病院にかかりながらの通院も是非お勧めいたします。
当院へいらっしゃる際には相手方の保険会社に、ご連絡してからのご予約をしてくださいますよう、よろしくお願いいたします。



初回のみ施術を体験していただけます!

交通事故に遭われた患者様のみ、初回に限り当院の施術を体験していただくことができます。一度だけでも驚くほどの効果を実感していただけると思います。
お試しの施術をご希望の方は、ご予約時にその旨をお伝えください。なお現在通院されている病院や整骨院、保険会社様にはご連絡する必要はありません。



検査が必要な際には病院を紹介します!

整骨院や鍼灸院にのみ通院される患者様もいらっしゃいますが、治療期間中にMRIやCTなどの画像検査が必要なこともしばしばありますので、1か月に1度くらいは病院での診察を受けることをお勧めいたします。
もし、かかっている病院がないようでしたら当院でも紹介させていただくことができます。


専属の行政書士、弁護士を紹介します!

治療が終了したのちに発生してくるのが慰謝料問題です。
通院期間、日数によって患者様に支払われる金額が決まりますが、これは保険会社によってまちまちというのが現状です。
通常、顧問弁護士を付けると膨大な費用がかかりますが、
当院で提携している弁護士は無料で何回でも相談に乗りますので、納得して示談を迎えることができます。


不運にも交通事故に遭ってしまったら・・・


① まず警察へ届け出ましょう。
② 加害車両のナンバーを確認し、加害者の住所・氏名・連絡先を記録しましょう。
③ 目撃者がいる場合は、連絡先を聞き、 証言の協力を頼みましょう。
④ 相手の自賠責保険・任意保険の加入を確認しましょう。
⑤ 自分が加入している保険会社にも連絡をしましょう。


※ケガをした際は、必ず「人身事故」としての届出が大切です。その場で痛みがなくとも示談にせず、まずは病院でのレントゲン検査をお勧めします。                      

【自賠責保険とは】

自賠責保険は、正式には「自動車損害賠償責任保険」と呼ばれ、交通事故の被害者が最低限の補償を受けれるようにするため、全ての車、バイクに加入が義務付けられています。別名、強制保険とも呼ばれ国が管轄している保険制度なのです。自賠責に入らないと車検は通りませんし、自賠責なしで運転した場合には6ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。
保険の支払い対象は事故を起こしたドライバー以外の「人」であり、「物」などに関しての補償はありません。


【整骨院・接骨院のかかりか

病院・整形外科でのレントゲン検査は、骨に異常がある場合のみ画像に写し出されますが、ムチウチなどの靭帯損傷を見つけることは出来ません。その際にはたいてい医師から1~2週間分の鎮痛薬やシップが投与され、しばらく様子をみるように言われますが、これだけではなかなか痛みが改善していかないのが実情です。そのようなときにはリハビリを専門におこなう整骨院(接骨院)にも並行してかかると良いと思います。来院する前に相手方保険会社の担当者「○○整骨院にもかかりたい」とお伝えください。なかには整骨院ではなく整形外科にかかるよう、強く勧める担当者もいるようですが、通院先は患者様自身が選ぶことができるのです。同じ保険会社内でも、センター長課長とよばれる方はしっかりとした知識をもっていますので、直接お話ができるとスムーズにいくと思います。それでもなお通院を認めてもらえない場合には当院が代わって交渉することもできますので、ご相談してください。


自賠責保険の慰謝料】

傷害事故の際、自賠責保険の慰謝料は1日当たり4200円となります。被害者の負傷の程度や状態、実際に治療に費やした日数などを考慮して、治療期間の範囲内の慰謝料の対象となる日数を決めていきます。自賠責保険でいう「治療期間」とは2つの計算方法があり、下記の2つを比べて日数が少ない方を採用するとしています。

1)入院期間+通院期間

2)実通院日数(通院期間中、治療を受けた日数)×2

例えば交通事故治療で30日間入院し、退院後の通院期間が60日間(実際に治療を受けた日数が20日間)だった場合

1)の場合は30+60=90
2)の場合は(30+20)×2=100
となりますので、この場合には
少ない日数である1)の計算式が適用され90×¥4200=¥378000が自賠責法に基ずく慰謝料額(相場額)となります。

【後遺障害とは】

交通事故でけがをした際に最も心配なのは後遺症の問題です。法律用語でこれを後遺障害といい、治療が終了した後も事故によって、将来にまで日常生活や労働能力に支障をきたし、回復が困難と見込まれる障害が残り、完全な健康体に戻らない状態をいいます。
後遺症を残さないためにも、交通事故でのリハビリは信頼できるところで、根気よくしっかりと完治するまで、受けていただくことがとても重要となります。

後遺障害等級と慰謝料

 等級  金額(単位:万円) 等級  金額(単位:万円)
1  2,700~3,100 8 750~870
2  2,300~2,700 9 600~700
3  1,800~2,200 10  480~570
4   1,500~1,800 11  360~430
5  1,300~1,500 12  250~300
6  1,100~1,300 13  160~190
7  900~1,100 14   90~120
財団法人日弁連交通事故相談センター「交通事故損害額算定基準2014」より 

スマートフォン版へ