横浜・藤沢からもアクセス便利な整骨院横浜市 鎌倉市 茅ヶ崎市 藤沢市 湘南台 整骨院 交通事故治療 むちうち治療 自賠責保険 腰痛治療 
 サイト・タイトル
〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台2-16-1 ☎0466-44-1517
相鉄線・小田急線・市営地下鉄線 湘南台駅 西口徒歩2分 

 

腰の痛み

 
 
坐骨神経痛
原 因
症 状
坐骨神経とは腰から大腿部にある後大腿皮神経、膝周囲にある脛骨神経、ふくらはぎ周囲にある足底神経から成り立っている大きな神経です。脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、梨状筋症候群などにより、この神経が圧迫されて臀部や大腿後面へ痛みとなってあらわれます。
坐骨神経痛を病名と思われている方も多いですが、頭痛や腹痛と同じように何らかの原因疾患があったうえでの症状となります。
腰痛だけにとどまらず、太ももの裏側やふくらはぎにかけての痛みや痺れを来すのが特徴ですが、どこか一部分だけに強く感じる場合もあれば、足全体に症状が出ることもあります。また、足に力が入らない、左右の足の筋肉のつき方が変わってくることもあります。
椅子に長時間座っている体勢や、長時間の歩行などで症状が悪化しやすい傾向があります。
 当院での治療
     
 プロテック レーザー治療  はり治療 

腰椎椎間板ヘルニア
原 因
症 状
椎間板ヘルニアとは脊椎に外的なストレスが加わり、脊椎と脊椎の間のクッション材の役割を担っている椎間板の中にある髄核というものが潰されて外に飛び出し、神経を圧迫することにより痛みや痺れを引き起こす病気です。不良姿勢での作業やぎっくり腰からも起こりますが、ひとつの原因ではなく、色々な因子が影響して発症します。重労働・喫煙などの環境因子や遺伝的因子の影響があると考えられている一方、スポーツの影響は不明です。 椎間板ヘルニアは腰椎の4番と5番の間、および腰椎の5番と仙骨部の間に多発します。ヘルニアが出ている椎間板は多くの場合、老化による変性を起こしています。変性すると椎間板の弾力がなくなり、脆くなった椎間板内髄核がはみ出して、背骨の内側を通る神経根、馬尾を圧迫するため腰痛や下肢痛、しびれをきたします。再発も多い病気ですので、リハビリや日頃のケアがとても重要となります。
 当院での治療
     
 プロテック レーザー治療   はり治療
筋膜性腰痛症
原 因
症 状
 ヘルニアや脊柱管狭窄症、椎間板症などのように椎間板や脊柱などに異常はなく、腰の筋肉が過緊張になっていることで起こる筋膜性腰痛症は腰痛の中でも最も多いものとなります。
長時間の運転や同じ場所に立ってのレジ員や販売員によくみられ、セルフケアとしては、ウォーキングやストレッチなどで仕事では使えない筋肉を動かしてあげることが予防にもつながります。
軽度のものですと、腰回りが重だるくなったり、ハリを感じる程度です。このような時には腰を冷やさないように、腰痛体操やストレッチなどをおこなうことが有効です。
急性の強い痛みを伴なう場合は、傷めた筋肉に炎症を起こし、わずかな動作でも強い疼痛となって表れます。このようなときには保冷剤などでアイシングをして、炎症を取り除くことが重要となります。むやみに温めたり、強いマッサージなどをすると、症状はかえって悪化ししますので注意が必要です。
当院での治療
     
 レーザー治療 ハイボルテージ  微弱電流

腰椎分離症・すべり症
原 因
症 状
腰椎一つ一つの関節を構成している椎間関節の椎弓部分が割れてしまう(分離する)ことによって前後に離れてしまう状態を"腰椎分離症"といい、分離することにより椎骨が前方に滑ってしまう状態を"腰椎すべり症"といいます。
すべり症には先天的な骨形成に問題がある"形成不全性すべり症"、成長過程である10代の子供の激しい運動によって起こる"分離すべり症"、閉経後のホルモンバランスの異常によって骨の変性が起こる"変性すべり症"の3タイプに分類されます。
手術などを要する重症例は"変性すべり症"に多く、神経の圧迫を解放させる除圧術や、腰椎にスクリューを差し込み正常な椎骨とつなぎとめる腰椎固定術が代表的です。

腰椎分離症では、主に腰を後ろへ反らせると腰の痛みを感じます。長時間立っているような場合でも腰がつらくなります。しかし、腰椎が分離していても、必ず腰が痛くなるわけではなく、無症状のままスポーツを続けている人もいます。
腰痛で腰部のレントゲンを撮り発見され診断が出されます。もし、分離が原因の腰痛だという診断が出た場合は、腰への負担がかからないように安静にするよう指示があるかもしれません。コルセットや腰部に関わる筋肉の強化を勧められることもあります。
足のしびれや痛みなどの神経症状が主な症状です。
 当院での治療
     
 プロテック  ハイボルテージ レーザー治療 

脊柱管狭窄症
原 因
症 状
背骨はいくつもの椎骨が積み重なって構成されますが、椎骨の後方につく椎弓との空間には、神経の通り道となる脊柱管が通っているため、この管が狭まり神経を圧迫した状態を脊柱管狭窄症といいます。
好発年齢は50歳~75歳くらいの年代で、若い時の肉体労働や長距離運転をしてきたことにって起こる変性などが原因となることもあります。
片側一方に症状が出る"神経根型"と、両足のしびれや麻痺などを引き起こす"馬尾型"にわけられます。
腰痛、腰の鈍重感、違和感、はりなどがある、に加えて、足にしびれや痛みがある、普段はなんともないが、歩き出すと足がしびれて歩けなかったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)などの症状がこの病気の代表的な症状です。前屈時に痛みの出やすいヘルニアとは異なり、後屈時や椅子から立ち上がる際に痛みが出やすいのも特徴です。
当院での治療
     
 プロテック はり治療  ハイボルテージ 

急性腰痛症(ぎっくり腰)
原 因
症 状
ぎっくり腰は年齢に関係なく。若い人にも多くみられます。高い所から飛び降りた瞬間や、急激な動作の切り替え時、重量物を持ち上げた際などに突然おこりますが、慢性的に腰へ負担をかけるような生活を送っている人は筋肉疲労が蓄積されており、、不意な動作や寒冷時など小さな負荷やこれといった原因もわからずに見舞われることもしばしばあります。 横になっていると楽なのですが、起き上がることができなくなってしまう強い症状で受診される方が多いです。おじぎをすることも、体を反らすこともできず、歩行も困難であるため、トイレや食事などの日常生活にも支障をきたします。初期では大半が炎症を起こしていますので、むやみにカイロや入浴で温めないようにすることが症状を悪化させないためにとても重要となります。
当院での治療
     
 レーザー治療 微弱電流  ハイボルテージ