横浜・藤沢からもアクセス便利な整骨院横浜市 鎌倉市 茅ヶ崎市 藤沢市 湘南台 整骨院 交通事故治療 むちうち治療 自賠責保険 腰痛治療 
 サイト・タイトル
〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台2-16-1 ☎0466-44-1517
相鉄線・小田急線・市営地下鉄線 湘南台駅 西口徒歩2分 

 

肘の痛み












     
 
 
 野球肘・テニス肘
 
 原因
痛みが発生する場所は、肘の内側の場合と外側の場合とあります。内側が痛む場合は上腕骨内側上顆炎という症状で、手の平を外に向ける回外させる動きの負荷によって起こります。
上腕骨内側上顆炎はフォアハンド・テニス肘ともよばれ、上腕骨内側上顆に付着している手や指を曲げる筋の使いすぎで起こります。テニスではボールがラケットに当たった瞬間、肘に大きな負担がかかります。最初は手首を少し伸ばした状態でラケットを握っているのですが、ボールが当たる瞬間には手首を伸ばす筋と曲げる筋を同時に強く収縮させて、ボールの衝撃を受けとめようとするからです。
一方、外側が痛む場合は上腕骨外側上顆炎という症状で、手の平を内に向ける回内させる動きの負荷によって起こります。上腕骨外側上顆炎はバックハンド・テニス肘ともよばれ、手や指を伸ばす筋がこの部分にくっついているために、この筋の使いすぎで痛みが出ると考えられています。一般的に野球肘は内側型は肘の内側部が投球動作時に回内屈曲筋によって牽引力が加わり、回内筋群や内側側副靱帯が損傷します。
 症状
投球動作やラケットを振る動作での痛みがほとんどですが、雑巾を絞る動作や、物をつかんで持ち上げる動作などでも肘関節周囲に症状が出ることもあります。安静時には痛みが発生しないのが特徴ですが、重症例では筋肉が付着している肘関節の外側部や内側部、肘頭部の剥離骨折を起こすこともあります。
 当院での治療
レーザー  微弱電流 ハイボルテージ

 肘部管症候群
 
 原因
外傷がもとでの肘の変形や、変形性関節症、ガングリオンや脂肪腫などによる腫瘍、骨が尖って痛みを発生する骨棘など様々な原因があります。
 症状
肘部管症候群は遅発性の尺骨神経麻痺とも呼ばれていて、尺骨神経が圧迫されることにより起こる病気です。尺骨神経は指を曲げたり伸ばしたりすることを支配していて、肘の関節内の肘部管という管の中を通っています。この肘部管が上記記載の原因によって圧迫を受けることにより、その内部にある起こる尺骨神経も圧迫を受けて、神経麻痺を起こすのが肘部管症候群です。しびれや痛みなどの神経症状が主な症状です。
 当院での治療
レーザー  鍼治療 ハイボルテージ

 肘内症
 
 原因
3歳頃の子供に多い病気で手や前腕を勢い良く引っ張ったり捻ったりすると発生します。
この時期の橈骨は肘にある靭帯よりも細いために肘が抜けた状態になってしまいます。
親御さんは、肘より上の上腕部を引くように気を付けてください・
 症状
子供は突然の痛みから泣き出し腕は下がってダランとなったままになり、肘を曲げたり手を動かすことが出来ない状態になります。
肘内症の整復は時間を要しませんので、至急の来院をお願いいたします。
 当院での治療
低周波  微弱電流 筋膜リリース